金ストイックなメモ帳

金の楽しい事を書いていきます。

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

副作用の起きる金

流行り廃りご自宅でするのでしたら、自分の都合のいい時に処理して頂くことが出来ます。ワキ脱毛をするなら、少しでも口コミがいいところで施術を受けて頂戴。脱毛の場合、刺激が強すぎて施術を受けることは不可能だと思っている人もいるかもしれませんが、医療脱毛を受けたら二度と毛が生えないのかというと、絶対的ではなく生えてしまう事があるでしょう。
  1. 2015/9/10(木) 20:57:0|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をして

買取ショップが街に溢れる昨今。







初めて金買取をしてもらう場合は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。



国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。なので、手元の金を少しでも高い値段で買取に出したいのであれば、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。



最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。



金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかからないということになります。金の相場が上がっている近頃、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、市場の拡大に合わせて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。





スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。



最近、金の価値が上がっています。金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。金とプラチナはどちらが値段が高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。







最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。

百年ほど前は今よりもっと顕著でした。

それには、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。



ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を担保しているのです。金買取を利用するにあたっては、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、最初は迷うものですよね。



どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは当然ですよね。



初めての方が注目するべきは、口コミやレビューなどでの評価です。



多くのお客さんから高く評価されているお店なら、トラブルと無縁のちゃんとした店であるのが容易に見て取れます。







最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。







中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。



とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。





よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

金製品の買取をしてもらう際には、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうケースが最も多いようです。鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、郵送買取などと違って安心できます。どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる場合が多いため、その場でよく考え、本当に納得してから手続を進めることができるようになっています。初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。



広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを十分見極める必要があるでしょう。



レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は手を出してはいけません。中には高価買取を謳う広告もありますが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


  1. 2015/9/9(水) 17:27:3|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

純金以外にも、金には沢山の種類が

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。



カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18K」などになります。勿論これは純金より安いのです。例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと色々な種類があるのです。金を売りたいなら、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。



買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をしてもらう場合は、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。

金の買取価格は相場によって変動するものです。金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。

なので、手元の金を少しでも高い値段での買取をご希望の方は、テレビやネットの情報に目を光らせ、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることで、得できる可能性は高まります。







消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。





日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、現在までの数年間で、やや遅めのペースながら、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。



最近ではさらに、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出し制限も発動されました。





このことも、先のリーマンショックと同じく、金の価値が高騰する引き金だったと考えられます。

久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。



金買取のお店で買取してくれるとのことで、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、気持ちよく買取手続を終えることができました。気になる買取金額も、思ったより高かったので、思い切って利用してみてよかったです。

これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで迷うというのはよく聞く話です。少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは利用客としては当たり前の話です。





売却するお店を決める時に役立つのは、実際に利用した人からのレビューなどです。

ネットレビューで高評価のところは、お客さんからの満足度が高いと見ていいでしょう。



初心者の方でも当てにできる指標になりますね。





最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取ショップに売りたいものを直接持っていくスタイルが最もオーソドックスでしょう。







プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、その場で現金を受け取れますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。



どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる店舗も多いですので、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して手続を進めることができるようになっています。ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。



加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくのも重要でしょう。



買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、鵜呑みにしないことが大事です。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時にはお客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が私の周りにも多くいます。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。







催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。一般の買取ショップと比べると安心感があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。




  1. 2015/9/9(水) 14:51:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金製品の買取で出来る限り高値を付けてもら

金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を当たるというのが基本ですね。



また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも怠ってはいけません。



一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。





ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。未だ記憶に新しいリーマンショック。



それから今までの間に、決して急速というわけではないですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。





さらに、これも記憶に新しいことですが、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。このことも、先のリーマンショックと同じく、金の市場価格を引き上げる起爆剤の一つになったとみられています。最近問題になっている事件についてお伝えします。自宅に業者がやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、売却を渋る場合には、強引に買取を強行してくることもあるのです。



後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。



今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段が上下しやすいという性質があるからです。





こういった理由から、刻々と変わる相場に目をつけ、上がるところまで上がったタイミングで手放すことが重要です。



買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。







心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。



最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で手放すことができるでしょう。リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容のテレビCMをよくやっている印象です。実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。





金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、その金製品は現実にどれだけの金額で買い取ってくれるのかという一点に尽きると思います。



品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はその都度変動しています。その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。すると、日本国内の金価格が算出できます。



こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。

計算法を知っておき、買取店の提示している価格が妥当なものか注意深く判断してください。







日常の生活の範囲内にも、貴金属と同様に扱われる金製品があちらこちらに存在しています。金歯はその一例と言えるでしょう。



金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。数千円から一万円程度のお小遣いも夢ではないので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、迷わず買取に出してしまいましょう。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。







そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、家にずっと眠ってはいるけど、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。







捨てるのもしのびないという人は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。



そういう事態に直面してしまったら、運が悪かったと思って諦めることです。


  1. 2015/9/8(火) 7:27:8|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金買取業者の中には、ネットで

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。



サイト上で大体の買取価格を載せている店舗も見られます。

直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

また、なるべく高値での買取を狙うなら、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。査定にかかる手数料や、目減りによる減額を取らない店も中にはあるため、店舗選びの際の参考にできます。最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。





特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。呼んでもいないのに自宅を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。







こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。







金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。





K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。



同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。



金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。



金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、本当に自分が受け取れる額は随分減らされてしまうのです。



こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。







買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。







金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。定番といえば、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。しかし気になる点もあります。それは、金を売っている場所や、その購入手段です。金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。そういうお店で買った金なら、売却時にも不安にならなくて済むと思います。



プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。





プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。





アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。



買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。







ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

査定結果をメールなどで確認したら、承諾の返事をし、取引成立になります。

もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。



店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人のための形態と考えてもいいかもしれません。金製の指輪やネックレスなどは、十年以上前に買ったものでも、年齢に似合わなくなってしまったりして処分を検討している人もいるでしょう。







そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするということになります。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


  1. 2015/9/7(月) 17:24:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる
MORK